勝浦英語塾では、英語指導歴30年のエキスパートが、大学受験英語を通して、30年後にも通じる、生き方と在り方とその方向性を伝えています。 

100624

a:1926 t:1 y:0

   目標とは、思い切り手を伸ばしてその指先の1ミリ先にあるもの

  1,500万円貯めようとするとき、1,500万円を目標にするよりも、3,000万円を目標にした方が、1,500万円は貯めやすくなる。3,000万円にとって、1,500万円は単なる通過点になるからだ。では3兆円を目標にしたらもっといいかというと、それでは荒唐無稽になる。

 作詞家の秋元康氏は、「目標とは、思い切り手を伸ばしてその指先の1ミリ先にあるもの」と言っている。

 「かつうら英語塾」のトップページに掲げた「Aを通してBを伝える」という表現は、Bという目標を掲げながら、通過点としてのAを強力に推し進めるためでる。

 「かつうら英語塾」のキャッチコピーの原型は、「英語を通して生き方を伝える」だった。名刺にそう記して3年になるが、「英語を教える」部分が、それまで以上に強力に推進されるようになったのを実感している。

 「生き方を伝えることで英語教育が強化される」は、論理の飛躍に聞こえるかもしれないが、「生き方」と「教育」が相互に連動し、ともにその質が向上している。

 また、キャッチコピーの「30年後にも通じる」は「次世代にも通じる」でもいいのだが、「次世代」では抽象度が高すぎると考え、「30年後」とした。30年後なら、現在18歳の高校生は48歳で、将来の自画像がそれなりに描けるからだ。

 この通過点の考え方はさまざまな場面に応用できる。

「リスニングの能力を高めたかったら音読しろ」ということになる。

 リスニングはpassiveに音をインプットし、音読ではactiveに音をアウトプットする。インプットは通過点、アウトプットはその結果という関係になるからだ。漢字の書き取りにたとえれば、読めない漢字は書けないが、書ける漢字はすべて読めるということだ。

大学で英文科を専攻して、英語そのものを目標にして学ぼうとするよりも、例えば、経済学を専攻し、原書で経済を勉強した方が英語ができるようになる。経済学が目的で、英語は手段になるからだ。

高校球児なら、「目指せ地区優勝」よりも「目指せ甲子園」の方がいいし、「目指せ甲子園で1勝を」や「目指せ全国制覇」の方がもっといいということになる。

大学入試なら、目標に置くのは、センター試験よりも二次試験、さらに、二次試験よりも大学での勉強ということになる。

初詣で、「合格できますように」とお願いするよりも、「合格ありがとうございました」と感謝した方がベターだ。先に感謝することで、「合格」を通過点としてロック・オンすることができるからだ。

「きんさん、ぎんさん」は、100歳を越えた双子の姉妹。国民的アイドルと慕われ、マスコミに出るたびに出演料が入った。「お金を何に使いますか」と問われ、二人そろって「老後の貯えにします」と答えたそうだ。(Wikipedia より)

泉重千代さんは、1980年のギネスブックに「世界最長寿人物」として取り上げられた。114歳のときに、インタビューで好きな女性のタイプはと聞かれ、「やっぱり年上かのう…」と答えたという。(Wikipedia より)

「いい人と出会えません。出会いのコツは?」という相談で、神田昌典氏は『あなたの悩みが世界を救う』のなかで、こう回答している。「パートナーと出会うことで、あなたは何を創造していくのですか?」 出会いのテクニックを教えるよりも、出会った後のことにフォーカスすることで、「出会い」そのものを通過点に落とし込んでいる。

マザーテレサの言葉がある。「私は反戦運動には加わらないけど、あなたが平和運動をやるなら招待して欲しい」

 Mother Teresa said, "I will never attend an anti-war rally. If you have a peace rally, invite me." (The Secret より)

二十代のころに読んだJ・マーフィーの本では、prayer (祈り) という言葉が出てくるたびに宗教っぽさを感じたものだ。しかし、「何がゴール」で「何が通過点か」の視点で読むと、マーフィー理論がわかりやすくなる。The Power of Your Subconscious Mindから一例を引いてみる。

 落ちこぼれの少年がいる。退学(drop out of school) しそうで、教師や仲間の学生 (fellow students) に怒りを抱いている (resentful)。マーフィーのアドバイスで、彼は朝晩こう祈る。そして、その結果、全優 (all A's) の成績を取る。

The Power of Your Subconscious Mind


 "I have a perfect memory at my disposal. I radiate love and goodwill to all my teachers and fellow students. I sincerely wish for them success and all good things."

 『私は完全な記憶力を持っています。私は教師と仲間の学生に愛と善意の光を放射します。彼らの成功と幸運を心から願います』



  成績が悪ければ、周りの環境に対して怒り (resentment) を抱く。成績が良くなれば、それは愛 (love) に変わる。成績アップが通過点で、感謝 (love) の気持ちが結果の関係だ。

 通過点の考え方は他にもこんな例を挙げることができる。

何かを習得したかったらそれを教えなさい。
病気と闘うのではなく、治った後の健康な姿をイメージしなさい。
豊かになりたければ与えなさい。
愛されたかったら愛しなさい。……ということになる。

 かつうら英語塾が「指向しているもの」は、ゴールとしての「目標」を言っているのではない。向かうべき方向性を示したものだ。かつうら英語塾に、完結した終着点はないのである。

 あなたには、どんな通過点とゴールがあるでしょうか?

2010年6月24日

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional