勝浦英語塾では、英語指導歴30年のエキスパートが、大学受験英語を通して、30年後にも通じる、生き方と在り方とその方向性を伝えています。 

都立大学 TAさん

a:1208 t:1 y:1

     Wagamama 批評

T・A  東京都立大学法学部 (2004年 高松高校卒)

 勝浦塾は高校生の間では、言わずと知れた名門塾。その独特の授業スタイルやチュンプルズの素晴らしさについては、先輩諸氏の体験記を読めば理解できるだろうから、私はちょっと違う視点で勝浦塾について書こうと思う。

 勝浦塾は英語を専門に教える塾だが、それは単に科目の上での話だ。勝浦塾では、他の塾では学べない人生の勉強もすることができた。例えば、授業の合間に、勝浦先生は、自らの人生観や現代社会の矛盾などを、時には熱く、時には冗談めかして話す。そのなかで、私たちは今まで見過ごしていた何かに気づく。間違っていることを「間違っている」と当たり前に言えるのは勇気だ。社会に対する自分の考えの甘さや矛盾に気づき、自分を見つめ直す機会が持てた。大げさに聞こえるかも知れないが、少なくとも「かつうら」に関わった人はみな、彼に大なり小なり影響を受けたに違いない。

 かつての私は、親の言うことに盲目的に従うことで安穏な道を歩んできた。先生は親の干渉を一切許さず、親の意見ではなく「私自身」の意見を常に求めた。それは、私が「私」を意識するきっかけとなり、今の私がある。もっとも、私は極端な方向に影響を受けてしまったようで、センター試験の前日に、理系から文系に転じるという無謀極まりない変更をした。結果的に合格できたから良かったものの……。

 世の中には、いい大学、いい就職が子供にとっての最高の幸せに通じると、本音では信じて疑わない親も多い。そんなブランド志向の親は、子供を「かつうら」に関わらせないほうがいい。子供は「自分」を意識し始め、親に従順な操り人形であることをきっと止めるだろうから。

 先日、学校の担任から、冗談めかして「わがまま梓」という大変名誉な称号を頂いた。私の言動のどこかに「かつうら」の影響が顔を覗かせているのかも知れない。私は、この「わがまま」は、自分勝手の意味ではなく、「我が意のままに自由に」の意味だと思っている。

 どこかから、「わがママって、マイ・マザーのこと?」という勝浦流ダジャレが聞こえてきそう。
 

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional