勝浦英語塾では、英語指導歴30年のエキスパートが、大学受験英語を通して、30年後にも通じる、生き方と在り方とその方向性を伝えています。 

練習問題81-110

a:1348 t:1 y:2

6.『英標』の1/3縮約 ―― 練習問題【81】~【110】

【81】

過ぎ去った時代の持つ神秘がつねに私の心をとらえる。過去の場面を隠している雲のとばりには、あちこちに破れ目があって、われわれは失われた世界を奇しくものぞき見ることができるのである。そしてその世界は、われわれ自身の世界と同じような現実性をもっているのである。われわれには前方はまったく見えないが、後方は部分的に見える。こうした過去と現在の奇妙な関係において、年月の経過ということだけでわれわれの想像のなかで神聖化されて詩はいつでも内在するのである。(222字/661字=34%)

The mystery time past continually enthralls me. The curtain of cloud that hides the scenes of the past is broken here and there, and we can have magic glimpses into that lost world, which is as actual as our own. Forward we cannot see at all, backward we can see in part. In that strange relation of past and present, poetry is always inherent, all hallowed in our imagination by the passage of the years. (76語/201語=38%)

【82】

村に補聴器をつけている医者がいる。娘が2歳のとき、補聴器をつけた別の人に会って、「あの人はお医者さんよ」と無邪気にいった。しかし娘は概念をつくり上げたり、訂正したりすることによって、たとえ判断を誤っていたとしても、知識への道を娘がたどっているのだと思われた。 (124字/444字=32%)

In the vilage there's a doctor wearing a hearing aid. When my daughter at the age of 2 met another man wearing a hearing aid, she simply said, "That man's a doctor." But she was while she's mistaken, on the path to knowledge which goes by way of the making and correcting of concepts. (54語/145語=37%)

【83】

私が非常に若かったころに、どこかほかのところに行きたいという、うずうずした気持ちにかられると、おとなたちは、私がおとなになったらそうした気持ちは必ずなおるよといった。ところが私はもう58歳になるので、たぶん、よぼよぼの老人になればなおることだろう。私の旅行熱はちっともさめない。ことによると私の病気はなおらないのかもしれない。(163字/446字=37%)

When I was very young and the urge to be some place else was on me, I was assured by some mature people that maturity would cure this itch. And now that I am fifty-eight perhaps senility will do the job. I don't improve. I fear the disease is incurable. (49語/153語=32%)

【84】

ケンブリッジ大学の数学の教授は、教え子の一人が自分よりずっと数学に長じているし、またあらゆる点で自分より教授の職に適していると判断した。彼は自分の教え子が教授に任命されることを条件に職を辞した。教授の名はバローで、教え子はニュートンだった。周囲を見回して、自分よりもすぐれた人物をみたら、バロー流に行動するべきである。 (159字/478字=33%)

The professor of mathematics at Cambridge decided that one of his pupils was a better mathematician than he, and in all respects more fitted for his job. He resigned his chair, on condition that his pupil be appointed. The professor's name was Barrow and his pupil was Newton. We look around, see a better man, and do a barrow. (58語/169語=34%)

【85】

人間は、狼が持つ特徴の多くを持って生まれてはいるが、いろいろの技術によって自己を部分的に教化したうえで、その技術を子孫に伝えさらに向上させる。 (70字/216字=32%)

While men are born with many of the characteristics of wolves, man transmits the arts by which he has been partially tamed and improves upon them. (26語/75語=35%)

【86】

アメリカの教育制度は、特定の社会環境の必要を満たすために発達してきた。その顕著な特徴は、知識人の教育よりも大衆の教育に重点を置いているということである。その結果、同じ地域の子どもは、幼稚園から高校まで同じ学校に通うことになる。 (113字/324字=35%)

The American educational system has grown up to meet the needs of the particular environment. The distinctive feature of the system is its emphasis on education of the masses rather than on intellectuals. As a result, most children in the same community attend school together from kindergarten to high school. (49語/131語=37%)

【87】

ディクソンは通りに走り出た。バスは1時10分と1時15分のあいだに大学通りに止まることになっている。彼はますます速く走った。1台のバスが市の方からゆっくり丘を上ってきた。あのバスが目的のバスにちがいない。どうしてもあれに乗らなければならない。彼がさらに勢いよく走り始めたので、人々は彼の行く手から跳びのいた。バスは大学通りでターンできないで、往来のなかで立ち往生していた。彼は大学通りに向かって走ったが、バスはまたもや動き出した。彼とバスまでの距離が5ヤードくらいに縮んだ時、距離は急速にひらき始めた。(250字/848字=29%)

Dixon ran into the street. A bus was due to turn up at College Road between one-ten and one-fifteen or so. He ran faster. A bus was coming slowly up the hill from the city. It must be the one and he must get it. He began even faster, so that people began to skip out of his way. The bus, unable to begin its turn into College Road, was halted in mid-traffic. He ran towards the corner of College Road, but the bus began moving again. When the gap between man and bus had narrowed to perhaps five yards, it began to widen rapidly.(104語/288語=36%)

【88】

老人は死の恐怖に悩まされている。これを克服する方法は自我の壁を後退させ自分の生活が宇宙の生に没入していくようにすることである。人生は川のようであるべきだ。はじめは小さくほとばしりつつ流れ、ついには大海に併呑され、個としての存在を失う。大事に思うものは存在し続けるから、倦怠が増したなら、休息の思いも楽しいものであろう。(159字/559字=28%)

Old people are oppressed by the fear of death. The way to overcome it is to make the walls of the ego recede and your personal life absorbed into the universal life. A human existence should be like a river ―small at first and rushing passionately, and in the end the waters become absorbed in the sea, and lose their individual being. Since the things he cares for will continue, if weariness increases, the thought of rest will be welcome. (80語/241語=33%)

【89】

「お知らせしたいことがあります。私はその話をしなくちゃなりません。それをご利用なさることができると思いますもの」「ぜひとおっしるなら、しかたありません」「お聞きになりたくないんですの。喜んでくださると思っていたのに」(108字/341字=32%)

"I've got a story to tell you. I must tell you the story. I think you'll be able to use it." "If you must, you must." " Don't you want me to? I thought you'd be pleased. (36語/108語=33%)

【90】

私は運よく重い木材にしがみつくことができ、大きなカーブをつくって川を流れ下った。ずいぶん明るくなりかけていた。低木の茂った島が前方に見え、流れはその岸の方に向かっていた。服と靴を脱いで岸に向かって泳いだらどうかとも考えたが、止めにした。(118字/409字=29%)

I was lucky to have a heavy timber to hold on to, and went down the river. It was beginning to be light enough. There was a brush island ahead and the current moved toward the shore.I wondered if I should take off my boots and clothes and try to swim ashore, but decided not to. (57語/185語=31%)

【91】

どこで休暇を過ごすにしても、その場所に到着しないことには休暇は過ごせない。列車の時刻表どおりに行動することが時刻どおりに出発するためのほとんど唯一の方法である。8時40分にパディントン駅発の列車に乗らなければならないとすれば、8時40分に行ってその列車に乗るのである。これくらい簡単なことはあるまい。(150字/491字=31%)

Wherever you decide to have your holiday, you can't have it without getting there. Being a slave to a time-table is about the only reliable way of getting off on time. If you've got to catch the eight-forty from Paddington station, then you go to Paddington at eight-forty and catch it. What could be simpler? (55語/183語=30%)

【92】

自由な精神こそ尊い。一つの型にはめて築いた政治制度が、どうして自由な精神を滅ぼそうとしなければならないのか、私は理解できる。自由な精神はそのような制度を滅ぼしうる一つであるからだ。(90字/302字=30%)

The free mind is valuable. I can understand why a sytem built on a pattern must try to destroy the free mind, for that is one thing which can destroy such a system. (33語/93語=35%)

【93】

5時をまわっている。別荘で、父は新聞を読み、母は靴下をつくろいながら、僕がどこで何をしているかと考えていることだろう。(59字/173字=34%)

It was past five o'clock. Father with a newspaper, mother with socks, were in a villa, wondering where I was and what I was doing. (25語/73語=34%)

【94】

ひとりの人間が、雨のなかを、大またに歩いて小さな道をたどっていた。薄暗いほのかな光を通して眺めると、ひとり寂しく歩いて行くのは、きゃしゃなからだつきの男であることがわかった。おおよその見当では、この人物は40がらみの男であったろう。背が高そうに見えたが、せいぜい5フィート8インチか9インチであった。(150字/469字=32%)

A human figure strode on through rain, following the little path. The sad wan light revealed the lonely pedestrian to be a man of slender frame. At a rough guess, he might have been about forty years of age. He appeared tall, but he was not more than five-feet-eight or nine. (51語/157語=33%)

【95】

国民を偉大な業績に導く少数の優れた人たちにおとらず大切なのは、世の中が後退しないように努力し続ける無名の多数の人たちである。これらの人たちは、古来の価値を守り、維持し、先祖から受け継いだままのものを、子孫に伝えるのである。(110字/346字=32%)

No less important than the brilliant few that lead a nation to fresh achievements are the unknown many whose efforts keep the world from running backward; who guard and maintain the ancient values and pass on what they inherited from their fathers to their sons. (45語/121語=37%)

【96】

私の生涯は、孤独と放浪のうちに過ごされてきた。私は、現代の人間にはこれ以上の孤独な生活は送れないというくらいの孤独な生活を送ってきた。孤独は、私自身と少数の他の孤独な人たちだけに見られる、まれな珍しい現象では決してなく、人間生活の中心となる必然的な事実である。(129字/427字=30%)

My life has been spent in solitude and wandering. I have lived about as solitary a life as a modern man can have. Loneliness, far from being a rare and curious phenomenon, peculiar to myself and to a few other solitary men, is the central and inevitable fact of human existence.(51語/162語=31%)

【97】

人間の成功をもたらした性質が、人類を滅亡させる可能性を持つ性質でもある。人間が全人類を抹殺してしまうことになるというのも、ありえないことではない。(72字/234字=31%)

The very qualities which led to man's success are also those most likely to destroy him. It is not beyond possibilities that he may yet cause the total elimination of mankind. (31語/88語=35%)

【98】

芸術家に必要な環境は、静寂と孤独と快楽である。作家に経済的自由はいらない。金をもらったために、なにかりっぱな作品が生まれたという例を、私はまだ知らない。作家も一流でない場合には、やれ時間がないとか、やれ経済的自がないとかいって、自分自身をいつわる。(124字/401字=31%)

The environment the artist needs is peace, solitude, and pleasure. The writer doesn't need economic freedom. I've never known anything good in writing to come from having accepted any free gift of money. If he isn't first rate, he fools himself by saying he hasn't got time or economic freedom. (49語/160語=31%)

【99】

世の中はさまざまであるということを、私はずっとわかっていた。それが本当だと知るようになると、自分の意見だけが正しいと信じていくことが困難になる。人はさまざまなであることを確信したなら、最も完全な寛容の徳を実行することで、その確信を道徳的に表現しなければならない。(131字/370字=35%)

I have been aware that it takes all sorts to make a world. Having realized the truth, one finds it hard to believe that one's opinions are alone right. This conviction of man's diversity must find it moral expression in the practice of the completest possible tolerance. (47語/144語=33%)

【100】

「他国には気候が、この国には天候がある」。一日のうちに四つの季節を経験できる国はイギリスをおいてほかにない。夜が明けたときはさわやかな春の朝である。正午には冬の気配が感じられる。午後おそく、夏の陽気になるだろう。この定まらない気候は英国人の性格に影響を与えている。英国人が世界中にあれほど多くの植民地を築くことができたのは、国外でどんな気候に出くわしても、その条件に自分を適合させることができたからだ。(200字/590字=34%)

'Other countries have a climate; in England we have weather.' In no country other than England can one experience four seasons in the course of a single day! Day may break as a balmy spring morning. In the late afternoon it will be summer. This uncertainty of the weather has had a definite effect upon the Englishman's character. The reason why English people established so many colonies in the world was that whatever weather that they met abroad, they were able to adapt themselves to the given conditions.(88語/288語=31%)

【101】

彼は顔色が悪くて医者の手当てを必要とするくらいだったが、自分が休養を要する以上に自分の往診を必要とする人を放っておくことはできなかった。(68字/219字=31%)

He appeared so ill as to require medical attention, which was not sufficient to keep him from those who needed his services more than he did his rest.(28語/84語=33%)

【102】

先生は私の片方の手を水の出口の下に置かれた。冷たい流れが私の手の上にほとばしっている時、先生は私のもう一方の手に「みず」とう語を綴られた。私は全身の注意力を先生の指の動きに集中してじっと立っていた。その時私は「おーみーず」とは私の手の上を流れているすばらしい冷たいあるものであることを知った。その生きたことばが私の魂を目覚めさせた。(165字/503字=33%)

My teacher placed my hand under the spout. As the cool stream gushed over my hand, she spelled into the other the word water. I stood still, my whole attention fixed upon the motion of her fingers. I knew then that w-a-t-e-r meant the wonderful cool something that was flowing over my hand. That living word awakened my soul.(58語/170語=34%)

【103】

私は現在四十歳だが、私が初めてエリオットに会ったのは二十年前で、その時彼は四十歳であった。自分の年齢よりも数年先んじて生活するのが彼の処世と著作の秘訣だったのだろう。(83字/272字=31%)

I'm now forty, the same age as Eliot was when, at the age of twenty, I first met him. Living a few years beyond his age has been his art of living and writing. (32語/95語=34%)

【104】

ジムの母は、ジムが生まれた時に死に、ジムが知っている女は、スウェーデン人の家政婦エイミーだけだった。「小母さんはぼく嫌いだよ」と彼は言った。「わたしは好きよ」と家政婦はいった。(88字/235字=37%)

Jim's mother died when Jim was born, and the only woman he knew was Amy, the Swedish housekeeper. "I don't like you," Jim said. "I like you," the housekeeper said.(30語/83語=37%)

【105】

好奇心は人間の能力では最低の能力の一つだ。人がせん索好きである場合、ほんとんど例外なく頭が悪く根が愚鈍であると気づいていられると思う。 
(67字/201字=33%)

Curiosity is one of the lowest of the human faculties. You'll have noticed that when people are inquisitive, they are nearly always have bad memories and are usually stupid at bottom. (31語/92語=34%)

【106】

人類が理想実現のために抱いているすべての意欲のうちで、行動となってはっきりと現されうるのは、そのわずか小部分にすぎない。残りの意欲はすべて見えない結果となって現れる運命を持っている。興味のない仕事をすることが多くの人びとの運命である。しかしながら、同胞のために、個人的行動をとって、人間らしい人間となりうる機械がない立場の人はひとりもありえない。同胞のために真の人間愛を実践しようと努力することに、人類の未来はかかっている。 (210字/651字=32%)

Of all the will for the ideal which exists in mankind only a small part can be manifested in action. All the rest is destined to realize itself in unseen effect. The lot of the many is to have a soulless labor. Yet no one finds himself in the position of having no opportunity of giving himself for the good of fellow men. That everyone shall exert himself to practice true humanity towards his fellow men, on that depends the future of mankind. (83語268/語=31%)

【107】 ことわざ(省略)

【108】

文明の歴史は、人間が科学の発見したものを善用するか悪用するかのいずれかを、つねに、選択しなければならないことを示している。科学は生命を延長したばかりでなく、生命の質を高めた。しかし現代科学の恩恵は悪用することもできるのである。自動車はビジネスを促進させるが、道路に死者をまき散らすこともできるのである。科学の用途に見られるこうした二面性こそ、破壊の目的に用いられたり、終局的には人間を貧困にしたりする発見を行い発明を完成させることが、果たして道徳的にどこまで是認されうるかという疑問を投げかけている。(249字/761字=33%)

The history of civilization shows how man always has to choose between making the right and wrong use of the discoveries of science. Science has not only lengthened life but it has deepened its quality. But the gifts of modern science can be misused. Vehicles facilitate business but they can strew the roads with dead and dying. It is this twofold aspect of the use to which science can be put that has raised the question as to how far it is morally justifiable to make and perfect discoveries and inventions which can be used for purposes of destruction or result in the ultimate impoverishment of man. (109語/299語=36%)

【109】

 言葉は日常生活のきわめてなじみ深い一面なので、われわれはそれをわざわざ定義しようなどということはめったにしない。しかし、ほんのちょっと考察してみるだけで、言葉のこのような自然さは根拠のない錯覚であるにすぎないことが納得できる。言葉が話せようになる過程は、歩けるようになる過程とはまったく異なる。
 生まれたばかりの子供をその生まれた社会環境から引き離してまったく異なった別の社会に移したとしてみよう。彼は、もとの社会環境にいたとした場合に身につけたであろう歩き方とほとんど異ならない歩き方を身につけるだろう。しかし、彼の言葉は彼が生まれた社会の言葉とはまったく異なったものになるだろう。
 言葉は、社会によって、限度をはっきり示すことのできない変化を示す人間の活動である。なぜならば言語は、その集団の純粋に歴史的な遺産、長いあいだ継続した社会的習慣の所産だからである。(380字/1206字=32%)

 Speech is so familiar a feature of daily life that we rarely pause to define it. Yet it needs but a moment's reflection to convince us that this naturalness of speech is but a illusory feeling. The process of acquiring speech is utterly different from the process of learning to walk.
 Remove the new-born individual from the social environment into which he has come and transplant him to an utterly alien one. He will develop the art of walking in his new environment very much as he would have developed it in the old. But his speech will be completely at variance with the speech of his native environment.
 Speech is a human activity that varies without assignable limit as we pass from social group to social group, because it is a purely historical heritage of the group, the product of long-continued social usage.  (143語/451語=32%)

【110】

ピラミッドが建造された時には、その建造物は技術の勝利であった。その建造では多くの人々が死んだ。死んでも問題はなかったのである。人間はいくらでもいたからである。人間は神よりも、国家よりも、思想よりも重要でなかったからである。人間は、たいていの人にとっては、重要ではなかったのである。人間は地上にいる限り、外界を制する力、他者を制する力を、望んできたのである。(178字/582字=31%)

When the building of the pyramids was a technological triumph. Many men died in the doing of it. That was not important. There were plenty of men. Men were less important than God or the State or an idea. Man has never been important to most men. As long as men have been around, they have wanted power ―power over the external world, and power over another. (68語/209語=33%)

2014年07月24日

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional