勝浦英語塾では、英語指導歴30年のエキスパートが、大学受験英語を通して、30年後にも通じる、生き方と在り方とその方向性を伝えています。 

例題51-80

a:1394 t:1 y:0

3.『英標』の1/3縮約 ―― 例題51~80

例題51

ロンドン動物園の魅力は、その魅力の種が尽きないことである。いつも必ず目新しいものがいるし、前回行ったときに見落としたものが必ずいる。そのつど最も魅力ある動物を見逃し、次に出かけた時に、その動物にひょっこり出くわす。(107字/380字=28%)

Not the least of the Zoological Garden's attractions is their inexhaustibility. There is always something new. There is always something old you had previously missed. You may constantly overlook the most ingratiating denizen and on the next visit come upon this creature. (42語/111語=38%)

例題52

父は私に、「だれか他人を批判したくなったら、世間がお前と同じ有利な条件に恵まれてきたわけではない、ということを思い出しなさい」といった。その結果、私は批判をさし控え、人をうんざりさせる人物と知り合ってひどい目にあった。(109字/358字=30%)

My father told me, "Whenever you feel like criticizing anyone, remember that all the people in the world haven't had the advatages that you've had." In conscequence, I reserve all judgement and become a victim of veteran bores. (38語/106語=36%)

例題53

私はポケットは物を入れるところだというのは当たりまえのことだといつも考えていたので、ポケットに入いるものなら何でも詰め込んできた。だが、ポケットに物を入れると、服の形がくずれると教えられたのである。しかし、服を着るのは実用のためであって、体裁を飾るためではない。(131字/421字=31%)

I have always taken it for granted that pockets are places to put things into. Yet I was told that, if you put things into your pockets, you spoilt the shape of your suit. But I dress for use, not for beauty.(42語/152語=28%)

例題54

ウェリントン公は、士官たちを鼻の形によって選んだといわれている。しし鼻をもって生まれた赤んぼうは、ウェリントン公にとっては用がない。わし鼻をして生まれても、子どものころその鼻をつぶしてしまい、それと同時に軍人としての名声を博する機会もつぶしてしまうかもしれない。(131字/401字=33%)

Wellington is said to have chosen his officers by their noses. A baby, born with a snub nose, would be no use to Wellington. Even if he arrived in the world with Roman nose, he might smash it up in childhood, and with it his chances of military fame. (49語/148語=33%)

例題55

私は夢を見ること、すなわち寝床にはいってじっと寝ていて、やがて何か不思議な魔術によって、別の世界にさ迷い込むことが好きなのである。夢なんか絶対に見ないとうそぶいている人を見ると私は不思議でならない。(99字/310字=32%)

I like the idea of dreaming, of going to bed and lying still and then, some queer magic, wandering into another kind of existence. I am mystified by people who say they never dream. (34語/110語=31%)

例題56

子どもの独立心や技能が増すにつれ、父親は権威が増してくる。たいていの母親は、夫のために、家庭における権力の座を築き上げようと努力し、子どもたちに父親の許可を求めるようにといいきかせる。しかし、母親は父親が決めたことを無視することがしばしばある。(122字/375字=33%)

As the child grows in independence and skill, its father becomes more important as an authority. Most mothers try to build for their husbands the position of authority in the family, and tell their children to ask his permission: but they often set aside his decisions.(45語/146語=31%)

例題57

だれの体験にも、知識の範囲が何だか急に広くなり、それとともに新しい生命力が与えられたように思われる時があるものである。人類の歴史にも、個人の生涯のこのような開眼の瞬間に類似した時がある。そうした時代が世界の偉大な時代なのである。(114字/367字=31%)

There are times in every man's experience when some sudden widening of the boundaries of his knowledge has seemed to bring with it new life. The history of mankind has its parallels to these moments of illumination in the life of the individual. These are the great ages of the world. (51語/148語=34%)

例題58

科学とは多様性を単一性に還元することだと定義することができる。科学は特定の現象に見られる特異性を度外視し、それらの現象に共通した事柄に集中し、ある種の「法則」を抽象することによって、自然界の現象を説明し、そうした「法則」に照らしてはじめて現象が意味をもち、有効に説明されうる。(137字/411字=33%)

Science may be defined as the reduction of multiplicity to unity. It seeks to explain the phenomena of nature by ignoring the uniqueness of particular events, concentrating on what they have in common and abstracting some kind of 'law' , in terms of which they make sense and can be effectively dealt with. (53語/153語=35%)

例題59

どんな仕事でも、世の害になるのか利益になるのかを、必ず大いに考えさせられる。小説家は、自己の職業のすぐれていることを正しく評価し、自己の仕事が持つ高尚な性質を全般的に理解する力が欠けている。(95字/294字=32%)

No man can work without considering whether what he does tends to evil or good. There is wanting to writers a just appreciation of the excellence of their calling, and a general understanding of the high nature of the work. (40語/112語=36%)

例題60

海についていえば、年月の推移は、海が広大であるためにわからない。しかし、海面の水は、潮とともに動き、風の息吹につれて揺らぎ、波の形に応じて起伏する。(76字/242字=30%)

For the sea, the procession of the years is lost in its vastness. But the surface waters move with tides, stir to the breath of the winds, and rise and fall to the forms of the waves. (37語/108語=34%)

例題62

鳥が、その行動において、人間と違う最も著しい点は、鳥はしなければならないことを、教えられなくても全部なしうるということであろう。飛ぶことは、驚くほど複雑な動作であるにもかかわらず、鳥には習わなくても覚えられる動作なのである。親鳥が飛行の運動を教えるわけでも、子鳥が親鳥を意識的にまねようとするわけでもない。(154字/482字=32%)

Perhaps the most obvious way in which birds differ from men in their behavior is that they can do all that they have to do. Flying is an activity which comes untaught to birds. There is no instruction by the old bird in the movements of flight, no conscious imitation by the young.(53語/165語=32%)

例題63

われわれの経験しうるもっとも美しいものは神秘感である。神秘感こそあらゆる真の芸術と科学の源泉である。人生の神秘を知ることが、宗教も生み出したのである。最高の英知と最も荘厳な美を知ることが真の宗教心の中心となっているのである。(112字/339字=33%)

The most beautiful thing we can experience is the mysterious. It is the source of all true art and science. The insight into the mystery of life has given rise to religion. To know the highest wisdom and the most radiant beauty is at the centre of true religiousness.(47語/129語=36%)

例題64

プラトンは心の窓について書いている。青年の心は出口のないへやである。果てしもなくつづく心象がへやの壁に明滅する。よろい戸が開き、青年はほんとうの世界の光と景色を見晴らす。(85字/256字=33%)

Plato has written about the windows of the mind. The mind of youth is a room without an escape. Endless pictures flicker on the walls. The shutters are drawn and he looks out onto the light and landscape of the real world. (43語/113語=38%)

例題65

青年時代は春のようなものである。90歳のフォントネルは、生涯のいちばん楽しい時代はいつかと問われて、いまよりも幸福だった時代があったかどうかはしらないが、おそらく55歳から75歳にかけてが最も幸福な時代だったろうといった。ジョンソン博士も、老年時代の楽しみを青年時代の楽しみよりもはるかに上位に置いた。(150字/493字=30%)

Youth is like spring. Fontenelle at the age of ninety, being asked what was the happiest time of his life, said he didn't know that he had been happier than he then was but perhaps his best years had been those when he was between fifty-five and seventy-five, and Dr. Johnson placed the pleasures of old age far higher than those of youth.(63語/178語=35%)

例題66

同じ材料や同じ時間を利用しうる多くの可能な用途のうちで、どれが自分の選ぶ用途であるかを決めねばならない。そして同時に、それを決めたことによって、他のすべての用途が犠牲になるのだということを知っていなければならない。(107字/331字=32%)

You have to choose which of the many possible uses to which you could put the same materials or the same time is the one you prefer, in the knowledge that the price you pay consists of all the other alternatives you have thereby given up.(46語/136語=34%)

例題67

こちらが美徳を持っているから美徳を持った人を友人に欲しいという理由で友人を選ぶとしたら、それは真の友情にはほど遠い。友情というものは計算ずくの選択が行われるところでは育ちえないものである。友情は、睡眠と同じく、それについてなにも考えていない時に訪れるものである。だから、友情が訪れたならば、手放しで感謝しなければならない。(161字/500字=32%)

If you choose your friends on the ground that you are virtuous and you want virtuous company, you are not near to true friendship. Friendship cannot grow where there is any calculated choice. It comes, like sleep, when you are not thinking about it; and you should be grateful, without any misgiving, when it comes. (55語/182語=30%)

例題68

私が10歳の時、父は私たちに音楽を習わせようという自分の意図を思い出した。父は子どもは楽器を演奏したり歌をうたったりすることを習っておくべきだと考えていた。私には音楽の才能がなかったが、父はそんなことを考慮に入れる人ではなかった。私が歌えませんというと、父はそんなばかなことがあるかといった。(146字/440字=33%)

When I was ten years old, Father remembered his intention to have us taught music. He held that children should be taught to play on something, and sing. I had no ear for music. Father was the last man to take this into consideration. When I said I couldn't sing, he said nonsense. (53語/151語=35%)

例題69

先日ある女流小説家が「わたしがいくつだとお考えになります」と聞いた。そこで「38歳と思います」と私は答えた。彼女は意気揚々と「私は43歳なのよ」と答えた。「ところであなたは何歳なの」と彼女が聞かなかったとしたら、この件はそれっきりになっていたかもしれない。男にだっていいたいくないことがある。あとになって、自分の年齢のことが頭にあって、悩まされた。(172字/538字=32%)

The other day an English novelist asked me how old I thought she was. So I replied: "Thirty-eight." "I am forty-three," she said triumphantly. The incident might have passed off had she not proceeded: "And now tell me how old you are." Men have reticences. Afterwards the fact of my age remained with me, worried me.(56語/169語=33%)

例題70

「わたしは幸福すぎるわ」と彼女はつぶやいた。ハリーとわたしは相変わらず愛しあっているし、かわいい赤ちゃんだってあるし、お金の心配もいらないんだもの。お家も庭もまったく申し分ないわ。願ったりかなったりの友だちがいるわ。(108字/322字=34%)

"I'm too happy!" she murmured. Harry and she were as much in love as ever and she had an adorable baby. They didn't have to worry about money. They had this satisfactory house and garden. And the friends they wanted. (41語/107語=38%)

例題71

おそろしい考えが急に頭に浮かんだ。立っている老婦人はほんとうに弱々しく見えるし、ドーラは若くて健康なのだから、このご婦人に席をゆずるのはまったく当然だ。席をゆずるのが当然だと考えても、まったく自分の勝ってから、席をゆずらないことだってできる。(121字/408字=30%)

A dreadful thought had struck her. The elderly lady standing looked very frail, and it was only proper that Dora, young and healthy, should give her seat to the lady. It was possible that while admitting that she ought to give up her seat she might simply not do so out of pure selfishness. (52語/152語=34%)

例題72

老婦人が街路のまんなかを歩いていたが、そのために交通は大混乱を起こしていた。彼女は、「好きなところを歩きますよ。私たちには自由があるんですから」と答えた。そんな勝手をしたら全般的な混乱をひき起こすということも、この老婦人は気がつかなかったのである。(124字/363字=34%)

An old lady was walking down the middle of a street. She replied: "I'm going to walk where I like. We've got liberty now." It did not occur to the old lady that the end of such liberty would be universal chaos. (42語/122語=34%)

例題73

すべての芸術は音楽の状態にあこがれる。音楽の場合においてのみ、芸術家は伝達手段の媒介なしに直接に、聴衆に訴えることができる。作曲家のみが芸術作品を人に楽しませるという目的だけで、全く自由に創造することができるのである。芸術とは人に喜びを与える形式をつくり出そうとする試みであると定義するのが最も普通である。(153字/454字=34%)

All arts aspire to the condition of music. In music alone, it is possible for the artist to appeal to his audience directly without a medium of communication. Only the composer of music is perfectly free to create a work of art with no other aim than to please. Art is most usually defined to create pleasing forms.(58語/175語=33%)

例題74

どんなによくその国のことばを知っているように思っていても、生まれながらにしてそれを話してきた人たちの口の端にぼると、ちがって聞こえてくる。われわれは、最も似てないものを捜し求め、それをもとにして理論の体系をでっちあげはじめるのである。(117字/356字=33%)

However well we know the language at home, it sounds differently on the lips of those who have spoken it from birth. We seek out whatever may be most unlike what we are used to and proceed to build upon it a structure of theory.(45語/128語=35%)

例題75

今世紀の西洋文明の歴史を眺めれば、だれしも、ろうばいしないではいられない。われわれは19世紀の理想を実現しえなかったばかりか、将来のもっと恐ろしい危険を意識しているからである。われわれはみんなそれを知りすぎるほど知っている。(112字/358字=31%)

No one can look at the history of Western civilization during the present century without feeling dismayed. For not only have we failed to realize the ideals of the nineteenth century, we are all conscious of worse danger to come. We know it all only too well. (47語/147語=32%)

例題76

ずいぶんまえに、私はインド人の友人と1週間の休暇を大陸で過ごしたことがある。その1週間が終わった時には残念に思ったが、われわれの態度は全くちがっていた。彼は絶望に陥っていた。「元気をだしなさいよ」と私はいった。彼はどうしても元気をださなかったので、私は彼を憂いに沈んだままにして別れた。(143字/415字=34%)

Once upon a time I went for a week's holiday on the Continent with an Indian friend. We're sorry when the week was over, but our behavior was absolutely different. He was plunged in despair. "Buck up," I said. He refused to buck up, and I left him plunged in gloom. (51語/144語=35%)

例題77

彼女は小がらな婆さんで、顔には深いしわが刻みこまれていた。彼女がかつらをかぶっていることは明らかだった。こってりと化粧をして、派手な服を着て、少女っぽい帽子をかぶり、かかとの高い小さい靴を履いて歩いていた。彼女の姿があまりに奇怪だったので、人々は口をあんぐり開けてその姿を凝視した。(140字/395字=35%)

She's a tiny old woman and her face was deeply furrowed. It's obvious that she wore a wig. She's heavily made up, dressed in gay clothes and wore girlish hats. She tripped in small shoes with high heels. She appeared so grotesque that people stared at her with open mouths. (50語/135語=37%)

例題78

人間は、先祖が言語を発明して以来、伝統に支配されてきた。どんなに進歩した時代でも、われわれの活動は伝統に基づいているものであり、そうでなければならない。親よりも高くそびえるには親の肩を踏み台にするよりほかはないのである。(110字/321字=34%)

Human beings, ever since their fathers invented language, have been dominated by tradition. Even in the most progressive age, our activity is, and must be, based upon tradition. We can only rise above them by standing on their shoulders. (39語/110語=35%)

例題79
私たちが、いつも連れ歩いて遊んだのは1匹の犬だった。ある夏の夕方、羊飼いが羊を家の方に歩かせようとしていた。そこへ、足の悪い犬が現れ、羊を家の方へと追い立てていった。このようにして、その犬は夕食にありついたばかりか、家に住みつくようになった。
(121字/357字=34%)

Our constant companion and playmate was a dog. One summer evening the shepherd was trying to induce the sheep to move homewards. A lame dog appeared on the scene. The dog drove the sheep straight home. After thus earning his supper, he established himself at our house.(47語/126語=37%)

例題80

外国人同士が相手の言語を理解しても言語の差以外の困難が生じる。言語に伴う伝統や環境の衝突があるからだ。理解するには相手の精神的背景や歴史の中に入り込まねばならない。(82字/254字=32%)

When two foreigners understand the other's language, a language difficulty arises beyond the difference of language. There's a collision of tradition, environment, which language carries. To understand, each has to enter into the mental landscape, the history of the other. (40語/114語=35%)

2014年07月21日

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional