勝浦英語塾では、英語指導歴30年のエキスパートが、大学受験英語を通して、30年後にも通じる、生き方と在り方とその方向性を伝えています。 

例題1-50

a:3196 t:4 y:1

1.『英標』の1/3縮約 ―― 例題1~50

例題1

イギリス人はしばしば、いろいろの分野で進歩の指導者であるかその貢献者であった。(39字/124字=31%)

Englishmen have often, and in a variety of fields, been either leaders or contributors of progress. (16語/45語=36%)

例題2

本を大きさや色によって並べると、本が見つからなくなるおそれがある。
(33字/106字=31%)

If you arrange your books according to their size and colours, you may lose sight of the books. (18語/55語=33%)

例題3

英語を習得し、英文学を鑑賞するためには、英国人の性格を理解することが必要である。(39字/136字=29%)

To master English and appreciate English literature, it is necessary to have a clear understanding of the Englishman's character. (19語/56語=34%)

例題4

民主主義は、人間が最も大切なものであり平等であるという信念であり、平等とは、すべての人が基本的な機会を与えられるという意味である。(66字/225字=29%)

Democracy is the belief that human beings are what matter most and the belief in equalty in the sense that everyone should have basic opportunities. (25語/69語=36%)

例題5

りんごの花が咲き誇っていた。私はその谷あいの静かな美しさを夢に描くことことができるのみである。(47字/155字=30%)

The apple trees were in full bloom. I can but dream of the still loveliness of the valley.(17語/55語=31%)

例題6

現在に関連して将来を考えることは文明にとって欠くことができないことである。(37字/142字=26%)

To think of the future in relation to the present is essential to civilization.(14語/55語=25%)

例題7

言論の自由は当然のことと考えられており、簡単なことのように見える。しかし、この権利は最近になって獲得されたもので、達成までには幾多の流血を経てきた。(74字/241字=31%)

Freedom of speech is taken for granted and seems a simple thing. But this right has been acquired in recent times and its way to attainment has lain through lakes of blood.(32語/91語=36%)

例題8

教育は社会組織のなかで行われるのに、その組織とは無関係であるかのように論じられることがある。(46字/160字=29%)

Education is discussed as if it bore no relation to the social system in which it is carried on. (19語/55語=35%)

例題9

人類のもつ創造の手段は、個人の独自の精神と気魄である。集団が創造することはけっしてない。尊いのは人間の独自の精神である。(60字/203字=30%)

Our species has one creative instrument, the individual mind and spirit of a man. The group never invents anything. The preciousness lies in the mind of a man.(28語/77語=36%)

例題10

人は自分の欠点のほうが多いくせに、他人の欠点を許さない。(28字/84字=33%)

A man doesn't pardon another's faults who has more of his own.(12語/31語=39%)

例題11

私は少年時代、ひとりで歩き回る習慣がついていた。母が、私のこの奇習のためにんなにどんなに心配させられたを語ったのは、私が12歳のときだった。(70字/206字=34%)

In my childhood, I had acquired the habit of going about alone. When my age was twelve my mother told me how anxious this singularity made her.(27語/80語=34%)

例題12

大部分の仕事は、本質的には、おもしろくないが、そのような仕事にも長所がある。仕事があれば、なにをするかを決める必要もないし、1日のかなり多くの時間を潰せる。(78字/239字=33%)

Most of the work is not in itself interesting, but even such work has certain advantages. It fills a good many hours of the day without deciding what one shall do.(31語/96語=32%)

例題13

民主主義は文化面では重大な危機にさらされている。大衆が権力を握れば、文化は大衆の利害や趣味によって形成されるだろう。(58字/190字=31%)

On the cultural side democracy is exposed to great weaknesses. Call the masses into power, and you'll find the national culture molded by their interests and tastes. (27語/83語=33%)

例題14

農民は自分が自然力に依存していことを知っているが、機械を使う人は自然力の支配者であるという感覚を持つ。(51字/164字=31%)

The peasant is conscious of his dependence on the elements, whereas a mechanic acquires the sense of the master of natural forces. (22語/65語=34%)

例題15

仕事に従事すると、そんなことをしたら他人からパンを奪うことになると聞かされる。しかし人は働いて得たお金を使い、使えば他人に仕事を与えるということである。(80字/237字=34%)

Whenever a person engages in a job, he is told that such conduct takes bread out of others. But what a man earns he spends, and in spending he gives employment. (31語/95語=33%)

例題16

書物が我々の生涯に深い影響を及ぼすのは、幼年時代だけであろう。後年になると、すでに心に抱いている考えに対する確証を書物のなかに見出すにすぎないことが多い。(77字/249字=31%)

Only in childhood books have any deep influence on our lives. In later life, we are more likely to find in books merely a confirmation of what is in our mind already.(32語/85語=38%)

例題17

自分が幸福であるか不幸であるかを知るのはむずかしい。せいぜいわれわれにいえることは、不幸であると意識しない限り幸福なほうだということだ。(68字/217字=31%)

It's hard to know whether one is happy or unhappy. The utmost that can be said is that we are happy as long as we are not aware of being miserable. (31語/82語=38%)

例題18

われわれは、農業がわが国のすべての経済の基盤であることを忘れがちである。土地を所有し、これを愛育し、十分に利用する人が、国家としてのわれわれの安定の源であることを忘れがちである。(88字/262字=34%)

We have been inclined to forget that agriculture is the base of our whole economy. We are apt to forget that the man who owns land and cherishes it and works it well is the source our stability as a nation. (41語/113語=36%)

例題19

子どもは自分たちが愛されているかいないかは本能的にわかるし、厳格にされても、自分たちの成長を願う気持ちから生じる厳しさには我慢する。 (66字/210字=31%)

Children's instinct tells them whether they'er loved or not, and they'll put up with whatever strictness results from genuine desire for their development. (23語/66語=35%)

例題20

生活のどれほど多くが同胞の努力の上に築かれているかを、恩義を返すためにはいかに努力すべきかしみじみ感じる。 (53字/174字=30%)

I realize how much of my life is built upon the labours of my fellow-men and how earnestly I must exert myself to give in return.   (26語/68語=38%)

例題21

親が私のために計画してくれたなにかの楽しみごとに、十分な反応を示さなかったために、当惑と驚きと失望を彼らに与えた違いないと思われる。(66字/189字=35%)

I realize I must have brought my parents bewilderment, dismay, and disappointment by failing to respond to some treat they planned for me. (23語/65語=35%)

例題22

霊魂が存在するということは疑いの余地のないことだと考えられていた。肉体については一般の人はその存在を自明のことだ考えていたし、科学者もそう考えていた。しかし哲学者はその問題をいろいろに解釈してのける傾向があった。
(105字/319字=33%)

That there is a soul is thought to be indubitable. As for the body, the plain man considered its existence self-evident, and so the man of science, but the philosopher was apt to analyze it away after one fashion or another.  (41語/119語=34%)

例題23

自分たちは、けっきょくは死ななければならないのだと知っていても、そのために現在生きている喜びが減るわけではない。詩人にとって、やがてしぼむ運命をもった花は、いよいよ美しく見えるのである。 (93字/301字=31%)

The knowledge that men must ultimately die does not weaken the pleasure in being at present alive. To the poet flowers that are doomed to wither appear still more beautiful. (30語/98語=31%)

例題24

来世を信じる人のほうが、死ねば万事が終わると考える人よりも、病気を恐れることが少なかったり、戦闘において勇敢であったりはしない。 (64字/190字=34%)

Believers in a future life are not less afraid of illness or more courageous in battle than those who think death ends all.  (23語/68語=34%)

例題25

彼が試合の審判を頼まれた理由は、両方のチームを喜ばせようとしたからである。片方が判定に文句をつけたときは、選手に好きなだけ自分をののしらせた。(70字/229字=31%)

The reason he was asked to umpire a game was that he tried to please both teams. If one side didn't like his decisions, he would let the players swear at him as much as they pleased. (36語/108語=33%)

例題26

人類はもっとも暗い時期を通り抜けたばかりである。この戦争でわれわれの抱いていたと思われる夢が破壊されたからである。 (57字/178字=32%)

The human race has just passed through the darkest periods of its history. The violence destroyed whatever illusions we might have had.  (22語/68語=32%)

例題27

人間性は変わらない。人間の感情や本能ばかりでなく、人間の知力や想像力も、どんなに遠いむかしでも、まったく現在のままであった。 (61字/204字=30%)

Human nature doesn't change. Not only men's feelings and instincts, but also their intellectual and imaginative powers were in the remotest times precisely what they are now. (27語/76語=36%)

例題28

毎日話すことばについて、いくら多くのことを知っても、それで十分だということはありえない。知識は力なりである。適切に選ばれたことばの力は非常に大きい。(74字/228字=32%)

We cannot know too much about the language we speak every day. But knowledge is power. The power of rightly chosen words is very great.  (25語/73語=34%)

例題29

感受性が強く、なにかを創造し発見し、人生を権力の観点から考えない人たちは、宗教を創始し、芸術を産み出し、科学研究を行ったり、子どもを育て、隣人を助けたりする。(79字/254字=31%)

Those who are sensitive, create or discover something, and don't see life in terms of power, found religion or produce art or do scientific research or bring up children or help neighbors. (32語/85語=38%)

例題30

6歳ころ、私は、巣を初めて離れた時に、飛ぶ力を突然意識するひな鳥のようだった。 (39字/127字=31%)

At the age of six, I was like the young bird when on first quitting the nest it suddenly becomes conscious of its power to fly.  (25語/67語=38%)

例題31

親は、子どもとって、甲の日も乙の日も同じように過ごすことがどれほど大切かに気がつかない。子どもの楽しみは、子どもが自分で環境のなかから引き出すものでなければならない。(83字/254字=33%)

Parents don't realize the importance to a child of having one day like another. The pleasures of childhood should be such as the child extract himself from his environment. (29語/93語=31%)

例題32

どんな本でも、「これはよい本だ」と考えるような本は、著者の人格のゆえにそう思われるのである。(46字/152字=30%)

Any book of which we say, "That's a good book," we find to be so by virtue of the writer's personality. (21語/56語=38%)

例題33

男はアメリカに行ったことがあり、絶望してイギリスにもどったが、情熱をもって再度の渡米を考えていた。 (49字/164字=30%)

A man who had been in America, had returned desperate to England and was making a second attempt with enthusiasm.  (20語/62語=32%)

例題34

有名な出版者が、書棚に合う本を入れてくれと頼まれた。大切なのは内容ではなく大きさだった。まともな本屋が見つからないのは、買えないからではない。車なら200ポンドも払って買う人が多い。(90字/288字=31%)

A well-known publisher was asked to equip a library. Not the contents but the size of the books mattered. You won't find a decent book-shop. It's not because we cannot buy books. Many people can buy motor-cars at two hundred pounds. (40語/119語=34%)

例題35

親しみの感じをわれわれに与えるのは、文の思想内容ではなくて、むしろ、その思想の表現のしかたであることが多い。 (54字/153字=35%)

It's often not the thought that strikes us as familiar so much as the way in which the thought is expressed. (21語/58語=36%)

例題36

分析と実験によってあなたがたが自然の力の作用を解く手がかりを見つけ、奇跡的と思える方法で自然の力を利用していることを知った。 (62字/201字=31%)

I found that you had found the clue to the operation of the forces of Nature, and turned them into account in ways which appeared little short of miraculous. (29語/86語=34%)

例題37

帰ったらすぐに電話してくれという伝言を残す場合には、その用向きはこちらにとってより、先方にとって重要なことのほうが多い。(60字/191字=31%)

When someone leaves a message begging you to call him up when you come in, the matter's more often important to him than to you. (25語/69語=36%)

例題38

彼女はパーティに招かれたことがなかった。隣人は彼女と口をきいたことがなかったからであり、彼女は来たがらないだろうと彼らが考えたからであり、彼女が来たらどうもてなしたらいいかわからなかったからだった。 (99字/314字=32%)

She'd never been invited to parties, because her neighbours had never spoken to her, because they didn't think she would want to come, and because they would've not known what to do if she had.  (35語/96語=36%)

例題39

言語とこれを話す人との関係は非常に密接だから、人は両者を別個に考えることができない。英語、仏語、独語は偉大で重要な言語であるが、それはこれらが偉大で重要な国民の国語だからである。(89字/263字=34%)

The relation between a language and the people is so intimate that people can scarcely think of the two apart. English, French, and German are great and important languages because they're the languages of great and important peoples. (38語/103語=37%)

例題40

学問の目的は、知識を所有することではなく身につけることである。 (31字/93字=33%)

The end of study is not to possess knowledge but to make knowledge a part of ourselves. (15語/47語=32%)

例題41

小説の最もすぐれた読み方は、新旧の小説を混ぜて読むことである。たえず現代の最も重要の作品をたえず読んでは、次に古典小説に向かうようにしているが、両者のあいだには、少しも対立も認めない。両者が相容れないようなことはないのである。(113字/334字=34%)

The best way to read fiction is to mix one's reading. I am continually turning from the most vital work of our time to the classic novels, and I find no opposition between them. They are not mutually exclusive. (39語/118語=33%)

例題42

英語国民の家庭には、聖書とシェークスピアが、宗教と文化の象徴としてなくてはならない。(42字/127字=33%)

English households must have the Holy Bible and the works of Shakespeare as symbols of Religion and English Culture.  (19語/50語=38%)

例題43

私は他人の書斎にはいると、どんな人かを知るために、書棚のあたりを歩き回る。書物のない家は特徴のない家である。 (54字/158字=34%)

When I go into a stranger's library I wander around the book-shelves to learn what he is. A house without books is a characterless house. (25語/65語=38%)

例題44
真の良書ならば、どんな本でも、一回めに読みたいと思ったよりも、二度目のほうがいっそう読みたくなるものである。(54字/160字=34%)

Any great book we want to read the second time more than we wanted to read it the first time. (20語/58語=34%)

例題45

自然を注意深く研究すれば、秩序が存在することが明らかになってきた。原因のない偶発事ない。(44字/131字=34%)

When nature has been carefully studied, order has been found to prevail. There are no accidents without cause. (18語/53語=34%)

例題46

青年が、博識になるには、どんな本を読みめばいいか教えてくれといってきたが、私には忠告する能力に自信はなかった。 (55字/158字=35%)

A young man requested me to tell him what books to read to become learned, but I felt little assured of my ability for it. (24語/68語=35%)

例題47

第一にアメリカは地方のながめが類似していること。第二にそれぞれの地域がほかのとは違うのだと強く証明したがっていること。第二は、第一が原因で生じたものである。均一さが大きいほど、いっそう違いを探したくなる。(102字/319字=32%)

First the similarities of outlook in all parts of the United States. Secondly the passionate desire to prove each locality's different from every other. The second's caused by the first. The greater the uniformity, the more eager becomes the search for differences. (42語/109語=39%)

例題48

帰っていく訪問客に手紙を投函を頼む気にはなれない。私は頼まれた手紙を持っていてすら、いつも郵便箱を通りすぎてから初めて投函すべきであったことを思い出すのである。 (80字/254字=31%)

I'm reluctant to trust a departing visitor to post a letter. As for myself, even if I carry the letter in my hand I'm always past the pillar-box before I remember I ought to have posted it. (37語/99語=37%)

例題49

彼の才能は趣味につぎこまれた。奥さんは彼の趣味に嫉妬していた。とういうのは、趣味のせいで夫が自分自身の殻の閉じこもり、うだつがあがらないのだろうと考えたからだ。(80字/234字=34%)

His hobby went into his hobbies. His wife was jealous of his hobbies, which enclosed him in himself and, so she thought, got him nowhere. (25語/67語=37%)

例題50

過度の読書は、当然受けるはずの非難を受けないでいる唯一の自己耽溺である。過度の読書が時間を喰い、精力を消耗させ、思考力をそこない、注意力を現実からそらすことは明白だ。(82字/244字=34%)

Excessive reading is the only form of self-indulgence which never gets the blame it deserves. Obviously it can devour one's time, dissipate his energies, vitiate his thinking and distract his attention from reality. (33語/88語=38%)

2014年07月23日

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional