勝浦英語塾では、英語指導歴30年のエキスパートが、大学受験英語を通して、30年後にも通じる、生き方と在り方とその方向性を伝えています。 

ういろう売りの台詞

a:40343 t:22 y:50

 ういろう売りの台詞 

拙者(せっしゃ)、親方と申すは、お立ち会いの内(うち)に、ご存じのお方もございましょうが、お江戸を立って、二十里上方(かみがた)、相州(そうしゅう)小田原、一色町(いっしきまち)を、お過ぎなされて、青物町(あおものまち)を、登りへお出でなさるれば、欄干橋(らんかんばし)、虎屋、藤右衛門(とううえもん)、只今は剃髪(ていはつ)いたして、円斎(えんさい)と名乗りまする。

元朝(がんちょう)より、大つごもりまで、お手に入れまするこの薬は、昔、陳(ちん)の国の唐人外郎(ういろう)という人、わが朝(ちょう)へ来たり。帝(みかど)へ参内(さんだい)の折りから、此の薬を深く篭置(こめおき)、用ゆる時は一粒(りゅう)づつ冠(かんむり)のすきまより取り出す。よって、その名を帝より項透香(とうちんこう)と結(たま)わる。

即(すなわち)、文字(もんじ)には、頂きすく香(におい)と書いて、項透香(とうちんこう)と申す。只今は、この薬、殊(こと)の外(ほか)、世上(せじょう)に広まり、ほうぼうに似(にせ)看板を出(い)だし。

いや、小田原の、灰俵(はいだわら)の、さん俵(だわら)の、炭俵(すみだわら)のと、色々に申せども平仮名を持って、ういろうと記(しる)せしは親方円斎ばかり。

もしや、お立ち会いの内(うち)に、熱海か塔ノ沢へ湯治(とうじ)にお出でなさるるか、または、伊勢参宮(さんぐう)の折からは、必ずお門違いなされまするな、お登りなら右の方、お下りなら左側、八方(はっぽう)が八棟(やつむね)おもてが三棟(みつむね)、玉堂造(ぎょくどうづく)り、破風(はふ)には、菊のとうの御紋(ごもん)を御(ご)しゃめんあって、系図正しき薬でござる。

いや、最前より家名の自慢ばかり申しても、ご存じない方には、生身(しょうしん)の胡椒(こしょう)や丸飲み、白川夜船(よふね)。さらば一粒(いちりゅう)食べかけて、その気見合いをお目にかけましょう。

まず、この薬を一粒(いちりゅう)、舌の上にのせまして腹内(ふくない)へ納めますると、いや、どうしても癒えぬは胃(い)、心(しん)、肝(はいかん)が、すこやかにあいなって、薫風(くんぷう)、喉(のんど)より来たり。口中(こうちゅう)微涼(びりょう)を生ずるがごとし。

魚(ぎょ)、鳥(ちょう)、きのこ、麺類の食い合わせ、その他(ほか)、万病即効あること神のごとし。さてこの薬、第一の奇妙には、舌がまわることが、銭ごまが、はだしで逃げる。ひょっと舌が回り出すと矢も楯もたまらぬじゃ。

そりゃ、そりゃ、そら、そりゃ、回って来たわ回って来るわ、あわや喉(のんど)、さたらな舌に影さ歯音(しおん)。浜野二つは、唇の軽量(きょうじゅう)、開合(かいごう)、爽やかに、あかさたな、はまやらわ、おこそとの、ほもよろを。

一つ、へぎへぎに、へぎほし、はじかみ、盆豆、盆米、盆ごぼう、つみだて、つみ豆、つみ山椒(さんしょう)。書写山(しょしゃざん)の社僧正(しゃそうじょう)、粉米(こごめ)の生(なま)がみ、粉米(こごめ)の生(なま)がみ、こん粉米(こごめ)のこ生(なま)がみ、繻子(しゅす)、緋繻子(ひじゅす)、繻子(しゅす)、繻珍(しゅちん)。

親も嘉兵衛(かへえ)、菰(こも)嘉兵衛、親(おや)嘉兵衛、子(こ)嘉兵衛、子(こ)嘉兵衛、親(おや)嘉兵衛。古栗(ふるくり)の木の古切り口、雨合羽か、番合羽か、貴様の脚絆(きゃはん)も皮脚絆、我らが脚絆も皮脚絆、しっかわ袴(ばかま)の、しっぽころびを、三針(みはり)針長(はりなが)にちょと縫うて、縫うて、ちょとぶんだせ。

河原撫子(かわらなでしこ)、のぜ鬼畜(きちく)、野良如来(のらにょらい)、野良如来、三(み)野良如来に、六(む)野良如来。一寸先のお小仏(こぼとけ)に、おけつまづきゃるな。細溝に、どじょ、にょろり。京の生鱈(なまだら)、奈良生鰹(なままながつお)、ちょと四五貫目(しごかんめ)。お茶立ちょ、茶立ちょ、ちゃっと立ちゃ、茶立ちょ。

青竹茶煎(ちゃせん)でお茶ちゃと立ちゃ、くるわ、くるわ、何が来る。高野の山野おこけら小僧。狸百匹、箸百ぜん、天目百杯(ぱい)、棒八百本(ぽん)、武具馬具(ぶぐばぐ)、武具馬具(ぶぐばぐ)、三(み)武具馬具、合わせて武具馬具、六(む)武具馬具、菊栗、菊栗、三菊栗、合わせて菊栗、六菊栗。麦ごみ、麦ごみ、三麦ごみ、合わせて麦ごみ、六麦ごみ。

あのなげしの長刀(ながなぎなた)は、誰(た)が長刀(ながなぎなた)ぞ。向こうの胡麻がらは、えの胡麻がらか、真胡麻(まごま)がらか、あれこそ、ほんの真胡麻がら。がらぴい、がらぴい、風車(かざぐるま)、おきゃがれこぼし、おきゃがれこぼし、ゆんべもこぼして、又こぼした。

たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、ちりから、ちりから、つったっぽ、たっぽ、たっぽ、一丁だこ、落ちたら煮て食お、煮ても焼いても食われぬものは、五徳鉄きゅう、金熊(かなくま)どうじに、石熊、石持(いしもち)、虎熊、虎きす。中にも当時の羅生門には、茨木童子(どうじ)が、うで栗(ぐり)五合(ごんごう)つかんで、おむしゃる。

彼(か)の頼光(らいこう)の膝元去らず。鮒(ふな)、きんかん、椎茸、定めてごだんな、そば切り、そうめん、うどんか、愚鈍な小新発知(こしんぼち)。小棚(こだな)の小桶(こおけ)に、こ味噌が、こあるぞ、こ杓子こもって、こすくって、こよこせ。

おっと合点(がてん)だ。心得たんぼの、川崎、神奈川、程がや、戸塚は走って行けば、やいとをすりむく、三里ばかりか、藤沢、平塚、大磯がしや小磯の宿を、七つおきして、早天(そうてん)そうそう、相州、小田原項透香(とうちんこう)。

隠れござらぬ貴賎群衆(きせんぐんじゅ)の、花のお江戸の、花ういろう、あれ、あの花を見て、お心を、おやわらぎゃという。産子(うぶこ)、這子(はうこ)に至るまで、此のういろうのご評判、ご存じないとは申されまいまいつぶり、角(つの)出せ、棒出せ、ぼうぼう眉(まゆ)に、うす、杵(きね)、すり鉢。

ばちばち、がらがらと、はめを外して、今日おいでの、いずれも様に、上げねばならぬ、売らねばならぬと、息せい引っ張り東方(とうほう)世界の薬の元締め、薬師如来も上覧(じょうらん)あれと、ほほ敬(うやま)って、ういろうは、いらっしゃりませぬか。

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional